4K-BDAVへの対応について

Discussion in 'RedFox フォーラム日本語' started by Shigeru Kaseya, May 14, 2019.

  1. DVDfabは、SHARPの4K-BDAVへ2019/4月に対応したようだ。
    ANYはいつになるのだろう。
    対応するなら、PANASONICの4K-BDAVを優先して欲しい。SHARPはマイナー機種である。
    まぁ、SHARPファイルは、M2TSだから、これまで通りの流れでいけるため対応し易かったのだろう。
    PANAは、MMTSと言う新種ファイルなので時間がかかりそう。
     
  2. ningen1

    ningen1 Active Member

    シャープはマイナーていうのはちょっと酷い。確かにシャープは使いにくいし4k録画中に、MMTSからmp2tsにエンコードが入るから
    チャンネル切り替えや録画番組の再生が遅い。大体からMMTSを読めるPC用BDドライブは存在しない。
    シャープが読めるのはUHDとの互換性を重視したからでUHDの再生できるBDプレイヤー、BDレコーダーで再生出来る。
    また通常の2K放送録画と4K録画の共存可能。PC用のBDドライブでも再生出来るでしょう。
    対してパナは自社が出してるUHDプレイヤーでも再生出来ない問題が発生している。

    使い勝手はパナが良いと思うが、シャープは外付け8TBまで増設可能、パナへの対応は諦めた方が良さそう。
    PC用のBDドライブもUHD読める機種限られてるから、パナは無理でしょう。
     
  3. 待ちかねた4K×2CH同時録画+H.265/HEVC圧縮搭載:4倍長時間記録ディーガ が7/19発売。
    尚、4K長時間録画ファイルは、SHARP同様M2TS変換されるらしい。猿が使えるかも?
    但し、互換性が有るかどうかは?現時点では分からない。
     
  4. ningen1

    ningen1 Active Member

    >4K放送はもともと圧縮率の高いH.265/HEVC方式を採用していたため、これ以上の高効率な圧縮が難しく、変換処理による長時間録画ではなく、
    H.265/HEVC方式のままビットレートを間引くなどのフォーマット変換を実施することで実現している。圧縮方式の変換による長時間録画ではないため、
    新モデルで長時間録画した番組を書き込んだBDメディアを「DMR-SUZ2060(DMR-SCZ2060)」で再生するのも問題なくできるということだ。

    て書いてあるから、m2tsに変換しないようだよ。だから無理。リモコンも電波じゃないし、安っぽい。
     
  5. エンコーダーに関しては「SUZ2060と同じSoCで行なっているが、今回のHEVCエンコーダー搭載のためにソフトウェアを含めたシステム設計は変えている」という。H.265/HEVC圧縮が行なえるのは、4K放送録画時のみ。長時間モードで録画した4K番組は、BDにダビングもできる(MPEG-2 TS変換※3)。2層50GBの場合、約12時間分の4K番組が記録できる。
    DRモードで録画した4K番組と混在して記録することもでき、作成した“4K録画BD”は「4K DIGA」シリーズ(SUZ2060含む)や、同社UHD BDプレーヤー「DP-UB9000」で再生できる。またTS変換記録であるため「他社レコーダーでも再生できる可能性はあるが、保証しない」とのこと。

    と言う記事があったんだけど...。
     
  6. ningen1

    ningen1 Active Member


    新型4kダブルチューナー内蔵
    録画圧縮方式
    HEVC/H.265,MPEG-4 AVC/H.264,MPEG-2(Hybrid VBR)
    旧型4k1チューナー内蔵
    録画圧縮方式
    MPEG-4 AVC/H.264,MPEG-2(Hybrid VBR)

    HEVC/H.265方式が追加されてる。つまりm2tsに変換は2kにダウンコンバートのみ。